2010年1月9日土曜日

ギリシャ・ヒオス島のロケット花火乱射祭り




ギリシャはエーゲ海の東端に浮かぶ小島・ヒオス島では毎年復活祭の日に、谷を挟んで相対する二つの教会を的に、教区対抗のロケット花火合戦が行われる。 かつてこの地を支配したオスマン帝国への抵抗の歴史を偲んで、19世紀から始まった祭りで、合計5万発とも7万発ともいうロケット花火の乱射でしょっちゅう怪我人やボヤを出し、何度か禁令も出たが止む気配などある筈もなく、当局も黙認の体とのこと。

0 件のコメント:

コメントを投稿